地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

タグ:高知の街並と設計 ( 64 ) タグの人気記事

GIANT ESCAPE AIR

a0100318_106959.jpg

2012年に新登場したクロスバイクESCAPE AIR 2013年モデルに試乗
最大の魅力はロードバイク並みの10kgをきる驚異的な軽さ
ロータスヨーロッパやRZ350のようなスピリットさえ感じます
滑り出しの軽さは街中でスキーをしているような感覚
更にMTBベースのワイドレシオギアがあいまって多少の登坂も難なくクリア
やはりより遠くに快適に移動できそう
こんなに細いタイヤの自転車に乗るのは初めてですが
フロントフォークがクロモリのせいか意外にソフトな乗り心地
外装24段変速で年に数回ワイヤー等のメンテナンスが必要だろう
パドルシフトでスポーツ走行が楽しめます
ユーノスロードスターに試乗したときの記憶が蘇った

<エスケープの歴史>
GIANTは台湾の自転車メーカー
自社工場で一貫生産されるためコストパフォーマンスの高い自転車を
産みだしレース参加による開発にも力を注いでいる
例えばパソコン部品も台湾製のものが多いのと同様に
欧米のブランドもフレーム等をジャイアントに外注しているものも多いそうだ
エスケープはジャイアントジャパンにより日本の道路事情やライフスタイルに適した
クロスバイクとして開発され世界で販売されるグローバルなモデルとなった
部品の面では台湾、日本、アメリカ合衆国の合作といえる
ベストセラークロスバイク「ESCAPE R3」を更に進化させ
ロードバイク並みに軽量化したスペシャルモデルが「ESCAPE AIR」
クロスバイクとは

Episode1
ある登り坂に向かう
シティサイクルで登りきれなかった登り坂を軽量クロスバイクだと
登れそうな気がしたからである
どんなにきつい坂でも歩く速さ程度ではペダルをこいで進めそうだと直感した
手前の信号でひっかかっていると信号無視した変速機つきの自転車が
先に行って見えなくなった
その後登り坂に到着するとさっきの自転車がもがき苦しんでいた
私の方は歩く速さどころかかなりのスピードで楽に登ることができ
あっという間にその自転車を抜き去ってしまった
ぬかれたドライバーはさぞ驚いていることだろう
私自身が一番びっくりしている
機会があれば四国山地にも挑んでみたい
高知安芸サイクリングロード
高知~土佐山ルート
オーベルジュ土佐山へ

Episode2
約10kmの高知駅から南国市への所要時間が
内装3段のシティサイクルに比べて半分程度に短縮
トップスピード、巡航速度ともにアップ
エンジンは自身なので快走すると心拍数があがりよい運動になる
クロスバイクはシンクロ率が高い乗り物だ
a0100318_15322775.jpg

国道32号線高知東道をくぐって南国市へ

Episode3
泥除けなしで雨の中を走ると背中に泥水が飛び散るそうで
外装ギアやチェーンのためにも雨の日の走行はできれば避けたい
リアキャリアがウィングと泥除けを兼ねているが効果は未知数
a0100318_15324641.jpg

突然のにわか雨で土佐くろしお鉄道高架下にて雨宿り
ラッキーなことにベンチがあった

Episode4
シティサイクルと同じような乗り方ではリム打ちパンクしやすい
リム打ちパンクをできるだけ避けるためには
①歩道などの段差を乗り越える際はスキーでコブを乗り越えるように
こまめに体重移動する
②タイヤ空気圧は標準のマキシスデトネーターで115~120PSIをキープ
などが有効のようです
それでもパンクしたらチューブ交換が必要となる
高知のサイクルショップで常備されているドイツ製シュワルベの仏式タイヤチューブ
700×18~28バルブ長40ミリも装着できる
若干バルブ長が短くなるが標準のジャイアントチューブより
更に30g程度軽量化され装着感は悪くない

Episode5
a0100318_22185182.jpg

サイクルヘルメットはフルフェイスでないものが一般的なので
加速がよければそれだけバイク以上に危険度が増します
頭部の防御が不完全だということ
くれぐれもスピードの出しすぎにはご注意ください
グローブやヘルメットをしていても転倒すればコンクリート等の固い路面に
激突するため自転車は非常に危険な乗物です

Episode6
絶大な効果があったお勧めのパンク対策
エスケープ・エア改

Episode7
2014年モデルは値上げするそうです
残念ながらコストパフォーマンスは低下
走る家具 FIT3試乗

Episode8
2015年モデルエスケープR3が大幅に軽量化されて
ここで紹介したエスケープ・エアの後継者となりそうです
エアの名前は残りますがギア比がロードバイク向きに変更されました
工業製品の宿命で名機そしてデザインが永遠に続くわけではないのですね
私のきわめて平凡なお気に入りをあげますと
フェラーリディーノ246、ニッサンS13型シルビア、カワサキZⅡ、ヤマハRZ350なんかで
いつまでもほぼ同じ外観で機能だけ革新され生産してほしいと思うのですがそうはいかない
まあその点ポルシェはほぼ変わらないという点ではものすごい存在です(RRが合理的かはおいといて)

[PR]
by onlyonea | 2012-11-01 00:24 | Comments(0)

Yビル改修 竣工

a0100318_2111556.jpg

高知市街の生花店の屋根と内装の改修工事が竣工しました
・内装については見積もりを数社にお願いすることで適正価格と
なるように努めました
・水槽背後の壁は同じクロス張でも下地として通常の石膏ボードより
湿気を吸収しにくい素材を用いました
・天井の廻り縁はほとんど存在を感じさせないディテールとしました
・一口にクロスの白といっても何種類もあって見本の中でお薦めしたものを
一発で気に入って頂きました
店舗や住宅のリフォームなどもお気軽にご相談ください
[PR]
by onlyonea | 2012-10-24 21:14 | Comments(0)

遅咲きのヒマワリ・県庁おもてなし課

龍馬伝効果で高知観光は非常に盛り上がった
遅咲きのヒマワリは高知県四万十市が舞台のTVドラマ
粒ぞろいの若手俳優が多数出演していて
顔ぶれをみただけで期待してしまう
主題歌はMr.Children
ドラマで登場する沈下橋は手摺のないおおらかな橋
なにもない豊かさの象徴といえるかもしれない
その一方でヨーロッパ的な空間の橋でもある
県庁おもてなし課は来年上映予定の高知が舞台の映画
県庁でも撮影が行われたようで人だかりができていた
高知観光の追い風はまだまだ続いているようだ
[PR]
by onlyonea | 2012-10-23 09:51 | Comments(0)

クロスバイク

最近街でよく見かけるクロスバイクは西暦2000年頃に急速に普及した
自転車のスタイル
健康志向とエコという時代のニーズにもはまっていたのだろう
オフロード専用のマウンテンバイクを街中でも快適に乗れるように改良した
ことがそのルーツとされている
進化の過程でMTBベースのコントロールしやすいハンドルと
坂道に強いワイドレシオギアは残る
その一方で軽量化が進みタイヤ幅は細くなりサスペンションは無くなってきた
結果的にマウンテンバイクとオンロード専用のロードバイクとシティサイクルを
融合させたハイブリッドと定義することができる
建築はもともとクロスカルチャーなもので自転車も多様性の時代を迎えているようだ
ある意味CO2を排出しない21世紀の自由でエコな乗物ともいえるだろう
a0100318_223844100.jpg

そもそもロードバイクはかなり敷居が高い乗物らしい
何十万円もかけて部品を組みあげたりする人もいるそうだ
マニアではないけど快適に走りたい
街中を走るのにドロップハンドルまで必要ない
軽くスタンドやキャリアがあった方が便利
そんなリクエストにクロスバイクは気軽に応えてくれる

私には買物や運搬などに便利なシティサイクルが欠かせない
セカンドカーとしてロードバイクよりのクロスバイクもありかな
自動車を2台所有するのと比べれば気軽なものですよね
シティサイクルはBMWやベンツ、ゴルフのような実用車
クロスバイクはフェラーリやポルシェ、ロータスのようなスポーツカー
ちなみに世界一の自転車大国オランダでは自転車を2台所有している人が多いそうだ

高知にも意外と自転車が快適に走れる道路があるものだ
自転車は非力なのでヨットと同じでコース取りが大事だと思う
コース取りを工夫すればより快適に移動できることが多い
それでも荷物が多くなり走行距離が増えると自動車に頼らざるをえない
条件に応じて自転車と自動車を使い分ける
これだって立派なエコそしてスポーツといえないだろうか
[PR]
by onlyonea | 2012-10-19 22:53 | Comments(0)

お盆

a0100318_2210425.jpg

お盆はどう過ごされたでしょうか
今年の夏は基本設計と実施設計と監理を並行して行うことになりました
建築用途やスケールも住宅、店舗、集合住宅、学校などと様々
だからこそ得られるものもある
ハードなミッションながらよい経験をさせて頂いている
大学時代の建築学科の友人たちから渋谷で飲んでいると電話がある
東京に行くことも当分ないだろう・・・
[PR]
by onlyonea | 2012-08-18 22:14 | Comments(0)

焼肉 天下味 栄田店

午前中の打合せ後高知駅近くの天下味でランチ
新たなミッションのハードワークに備えスタミナランチを頂く
ボリューム満点で野菜もたっぷり
a0100318_19163415.jpg

アクアリウムのパーテーションが焼肉店としては珍しくおしゃれ
銀座や梅田の焼肉店でもなかなかなさそう
[PR]
by onlyonea | 2012-07-02 19:17 | Comments(0)

Yビル改修 雨洩りがとまる

試行錯誤の結果雨漏りは庇部分が原因である可能性が非常に高いと判断し
庇を金属板で覆ったのでした
昨夜から雨が降り続き覚悟を決めて現場確認する
昔読んだ「ブラックジャック」でよくあるパターンが誤診
見当違いのところを手術するのだが建築の場合は工事するか?
金属板はきれいに水を切っていました
以前とは違い雨漏りは全くしてないとのことで一安心
[PR]
by onlyonea | 2012-06-05 13:50 | Comments(0)

Yビル改修

a0100318_18312128.jpg

高知市の中心市街地のビルの改修で比較的大きな庇を金属板で覆う
雨仕舞のディテールは慎重に検討しました
木造住宅などを設計する場合にもフィードバックされます
これでこの現場はようやく一段落
金額的には大した仕事ではなくてもこうした仕事をしっかりやり遂げる
ことがブランドイメージに繋がると考えています
むしろ金属屋根について深く考えるよい機会になりました
関係者の皆様お疲れさまです
雨が降りそうで降らない・・・
[PR]
by onlyonea | 2012-06-04 18:36 | Comments(0)

高知県 本庁舎宿日直室整備(宿日直室・休養室・倉庫等の設計)

a0100318_925415.jpg

幸運にも意匠設計を担当させて頂いた高知県庁宿日直室整備工事がついに竣工しました
設計完了まで岸田日出刀氏の原設計による建築だと知らなかったのですが
知っていたら力が入りすぎてうまくいかなかったかもしれません
設備等の制約から生じた段差のため宿日直室エントランス部分に手摺を兼ねた
パーテーションを設ける必要があり動線や視線に配慮しながらなおかつ薄いものが
要求され設計のキーポイントとなりました
最終段階で変更を余儀なくされながらもインテリアとしてよりこの空間に調和した
「無垢と合板のパーテーション」が提案できたのではないかと思います
すべての本建築工事関係者の皆様に感謝しております
竣工:2012年3月
意匠設計:O2建築設計事務所
施工:株式会社 西村剛商店
a0100318_9244330.jpg

ホールから宿日直室出入口の天然杉仕上の建具を望む
a0100318_9252669.jpg

宿日直室エントランス
a0100318_926629.jpg

宿日直室1
a0100318_926257.jpg

宿日直室2
a0100318_9264126.jpg

休養室
a0100318_9265732.jpg

倉庫
[PR]
by onlyonea | 2012-04-09 09:28 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

ウラジロモミ

a0100318_2253193.jpg

高知市内の直販所でウラジロモミを発見
ウラジロモミは日本ではクリスマスツリーによく用いられるマツ科のコニファー
まだクリスマスの飾りが残っているようですね
葉の裏側に白い筋がありモミと区別できます
剪定はできるだけしない方がよいそうだ
しかしだからこそ神聖な木だともいえる
四国では標高が高く涼しい地域に生息しているため都市部の暑さに適応しにくく
太平洋側では夏に枯れてしまう場合が多いようです
この直販所では建物の北側に置いてあるのがよいのかもしれません

[PR]
by onlyonea | 2012-03-06 22:07 | Comments(0)