地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

タグ:隈研吾建築都市設計事務所 ( 12 ) タグの人気記事

グッドバイ・ポストモダン

建築家 隈研吾さんの初期の著書「グッドバイ・ポストモダン」を知っていますか
この本は私にとって非常に興味深いものでした
海外の建築家に興味があったせいもあるだろう
中でもピーター・アイゼンマンとフランク・ゲーリーのくだりはすごいです
フランク・ゲーリーにいたっては海の家のおっさんです
11人のアメリカ建築家を著者が紹介するというスタイル
自身の建築については全く語っていない
しかし鋭いセンスやユーモアが感じられて注目するようになった
今や建築界においては説明不要の人物といえるだろう
私は隈さんとお会いしたことはありませんが都心の某自宅マンションにて
コロンビア大学へ行く際にここに相談に来たよというお話を聞いて驚いたものです
[PR]
by onlyonea | 2010-03-02 18:44 | Comments(0)

亀老山展望台

標高307.8mの亀老山展望公園は瀬戸内海の大島南端に位置します。
展望台からは来島海峡と大橋の絶景が眺められます。現地でぜひご覧ください。
a0100318_13577.jpg

PHOTO 緑のスリット
隈さんはシークエンスのみの設計を目指したと述べられています。
水平にカットされアスファルトで固められていた山頂を復元し、内部に劇場装置を
埋め込んだような構成。現地を訪れると「見えない建築」という印象を受けました。
緑のスリットだけが外部に展望台すなわち建築の存在を知らせます。
全く何も見えないと建築は成立しないので、「見えない建築」は厳密に言えば、
「半透明」なのだと思います。そして、粒子のように解体されてもやはり存在するし、
自然を破壊する宿命を背負っている。存在を主張しない建築の存在意義は非常に
大きく感じられました。
a0100318_132892.jpg

PHOTO 閉ざされた空間から上昇すると視界が開ける経路
「亀老山展望台」建築DATA
竣工 1994年 所在地 愛媛県越智郡吉海町
設計 隈研吾建築都市設計事務所
[PR]
by onlyonea | 2008-08-31 01:05 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

雲の上のホテル・レストラン レイヤーの重なり

西日を受けた時、ガラスの箱は透明感を一段と増していました。
しかし、よく見ると完全な透明ではない。周りの緑の反射やかすみなど幾つかの
レイヤーが重なりあって複雑な見え方をしています。
a0100318_0111163.jpg

PHOTO 雲の上のホテル・レストラン エントランス
内と外、建築と自然環境が溶け合う。その時、建築が音楽や映画のように自由で
軽やかな存在に感じられました。
[PR]
by onlyonea | 2008-06-05 00:12 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

雲の上のホテル・レストラン 浮遊する屋根

西日を受けた時、屋根がふわっと浮かびあがるよう見えた。
シャープな印象の屋根が雲のように軽く感じられた瞬間。
そして、ガラスの箱は透明感を一段と増していました。
a0100318_0522684.jpg

PHOTO 雲の上のホテル・レストラン
その場所に足を運んで、雰囲気を感じて設計することが大事だと実感。
[PR]
by onlyonea | 2008-05-17 00:52 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

雲の上のホテル・レストラン 西日の時間

建築家の設計する建築は光(太陽の位置)に敏感です。
午後に高知県梼原を訪れた時、西日を受けた雲の上のレストランは
一段と白く輝いていました。水盤の反射光も軒を照らしだす。
a0100318_024721.jpg

PHOTO 雲の上のホテル・レストラン
おそらく、この瞬間が音楽でいうサビ、映画でいうクライマックス?
強力な西日には対策が必要ですが、ドラマチックな西日を生かした建築も多い。
[PR]
by onlyonea | 2008-04-18 00:04 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

梼原町総合庁舎 構造

外壁の木パネルはRC造の構造体に胴縁を組み、固定されています。通常の仕上
に用いられる材料の上を更に木で覆うというゴージャスな設計なので、断熱は完璧
のはず。梼原は高知県では雪が多い方なので、省エネ効果は大きいと思います。
a0100318_013719.jpg

Photo 梼原町総合庁舎

梼原町は雲の上のホテル・レストランをはじめ魅力のある建築も多く、高知で最も
洗練された田舎?という感じですね。棚田の風景と風力発電施設の対比が印象的。
世界的ミュージシャン坂本龍一氏の「koko(ココ)」シングルCDジャケット裏面には
高知県梼原町の「more tree(モア・ツリー)の森」でカーボンオフセット(森づくり
事業参加によるCO2の相殺)されたサインが印刷されています。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-21 00:16 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

梼原町総合庁舎 木の照明BOX

梼原町総合庁舎で、最も建築家 隈研吾さんらしいデザインなのは事務スペース
の照明なのかもしれません。
a0100318_071012.jpg

Photo 梼原町総合庁舎 事務スペース

最近の隈さんの設計ではルーバーを用いたものが多く、この照明BOXのデザイン
はそのイメージに繋がります。
[PR]
by onlyonea | 2007-12-21 00:09 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

雲の上のホテル・レストラン 中庭

レストランとホテルの間の中庭はオープンデッキになっています。手前のレストラン
側から出て行けます。
a0100318_0531718.jpg

Photo 雲の上のホテル・レストラン 中庭

水盤にはたくさんの鯉が泳いでいました。当初、鯉はいなかったはずです。コーナー
部はガラス同士が突きつけになって、透明感を高める設計になっていますね。
a0100318_0533539.jpg

Photo 雲の上のホテル 水盤
[PR]
by onlyonea | 2007-11-03 00:56 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

梼原町総合庁舎 休憩スペース

巨大なVOIDにより天井の高いエントランスホールの中央に休憩スペースが設け
られています。お茶をご自由にお飲みくださいと書いてありました。
庁舎の中にこういうくつろげる豊かな空間が設計されていて、インテリアも地域に
開かれたオンリーワンの庁舎建築にふさわしいものです。
昔は茶堂や水車小屋がコミュニケーションの場所になっていたそうなので、竹で
編んだ切妻の屋根型はそのイメージなのかもしれません。
a0100318_6484547.jpg

Photo 梼原町総合庁舎 休憩スペース
a0100318_6474174.jpg

Photo 休憩スペースごしに事務スペースを望む
[PR]
by onlyonea | 2007-09-21 06:51 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

梼原町総合庁舎

東京の人気建築家・隈研吾さんによって設計された高知県における2つめの建築
です。庁舎という建築用途にふさわしく、屋根には太陽光発電、地下ピットには
クールヒートチューブを設置し環境に配慮した設計がされています。真っ先に目に
付くのはランダムな配置の開口部です。ランダムな開口部から光が落ちてくる
ル・コルビュジエ設計の「ロンシャンの教会」のような内観を期待していましたが、
その期待はすぐに裏切られました。太陽の位置にもよるのでしょうが、どうも開口部
が大きくかつ多くて明るい。開口部に厚みがないなどが原因だと思います。むしろ、
意図されたのはそういった荘厳な空間とは逆の薄い被膜のような開かれた空間。
これによって、堅苦しくない自由な感じのするオンリーワンの庁舎建築となっている
と思います。
a0100318_10495605.jpg
Photo 外観 外壁は木製パネル
a0100318_032693.jpg

Photo 内観 この位置から見ると、山をある程度考慮して開口位置が決められ
ているようにも思えます。庁舎という性格上、駐車場も見える必要があるのだろう。
この辺の操作は「雲の上のレストラン」とは逆。
a0100318_035728.jpg

Photo 内観 断片化され切り取られた風景はパソコンモニターのように
バーチャルな雰囲気を醸し出す。

「梼原町総合庁舎」建築data
竣工:2006年10月、所在地:高知県高岡郡梼原町、用途:庁舎
設計:慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科
    +隈研吾建築都市設計事務所
施工:飛鳥・ミタニ建設JV、構造:RC造+木造
[PR]
by onlyonea | 2007-08-14 00:06 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)