地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

タグ:乾久美子建築設計事務所 ( 8 ) タグの人気記事

ルイ・ヴィトン ヒルトンプラザ店

ヒルトンプラザウエストに近づくと、ルイ・ヴィトンの道路側ファサードが見えました。
ヒルトンプラザ店は高知店と共通のイメージもありつつ、異なっていました。
a0100318_0355578.jpg

Photo 大阪キタ梅田の洗練されたヒルトンプラザウエスト内のルイ・ヴィトン

層(レイヤー)を立体的に重ね合わせることにより、複雑な見え方を意図した設計は
同じです。DPGガラスにより最上層の透明度が高い分、万華鏡のような効果が増し
ていました。
a0100318_0362645.jpg

Photo ルイ・ヴィトン ヒルトンプラザ店 外部ファサード

ルイ・ヴィトンのLとVのロゴに角度を合わせるというルールに従った斜めラインが入
ることにより、氷や水の動きのようにも見えました。斜めラインは最下層とガラス下の
金属で構成。光の乱反射により宝石箱のようにも見えますね。
a0100318_0364352.jpg

Photo ヒルトンプラザウエスト エントランスホール

良いお年を!

「ルイ・ヴィトン ヒルトンプラザ店」建築data
竣工 2004年
所在地 大阪府大阪市北区梅田2-2-2「ヒルトンプラザウエスト」1F
設計 乾久美子建築設計事務所
[PR]
by onlyonea | 2007-12-29 00:42 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

ヒルトンプラザウエスト

神戸で六甲の集合住宅を見学して阪急電車で梅田駅に着くと、辺りはもう暗くなり
始めていました。JR大阪駅前のビルの中でもひときわ目立つ透明感の高いビルが
ヒルトンプラザウエストです。
a0100318_0281428.jpg

Photo 右から2番目がヒルトンプラザウエスト

隣接するハービスエントとこのビルには世界の一流ブランドが集結して、関西の新た
な賑わいの中心となっています。エントランスは地下にVOIDから自然光が差し込み、
カスケードや水盤などのしかけもあり、すごく洗練されたビルです。この1階に「ルイ・
ヴィトン ヒルトンプラザ店」があります。高知店と同じ建築家 乾久美子さん設計
なのですね。
a0100318_0295299.jpg

Photo 地下街に穿ったVOID
a0100318_1071030.jpg

Photo メインエントランス

「ヒルトンプラザウエスト」建築data
竣工 2004年、所在地 大阪府大阪市北区梅田2-2-2
構造規模 地下4階、地上20階 S・SRC・RC造 、述べ床面積44000㎡
設計・施工 竹中工務店
[PR]
by onlyonea | 2007-12-15 00:32 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

ルイ・ヴィトン高知店 夜景

この建築の形は単純な箱型だけれど、その見え方は変化に富んでいます。2つの
レイヤー(層)が立体的に重ねあわさり、見る角度や距離によって見え方が変わる
ことを意図した設計です。
a0100318_15403817.jpg

Photo ルイ・ヴィトン高知店 夜景

夜になり周辺が暗くなると、ダミエキャンパスの市松模様が浮かび上がります。この
光は、必要以上に主張しないやさしいものです。なんとなく懐かしい感じもするのは
なぜだろうか?ふとこの光の質はホタルの光っぽいと感じました。サンゴや貝などの
遺骸からできたライムストーンの外壁。昼はサンゴ礁、夜はホタルの光なのだ。その
前を人の群れが移動する。実におもしろい?ホタルは市街地では見られなくなったけ
れど、まだ山の方にいけば見られるそうです。やはり高知らしいオンリーワンの建築
なのだと納得。おかげさまでアクセス数9000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2007-12-13 00:17 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

ルイ・ヴィトン高知店 ディスプレー 2007年11月

ルイ・ヴィトン高知店にはエントランス側にもショーウインドーが設置されていて、
今回は特に素敵だったので、紹介します。ダミエキャンパス柄でできたランダム
な地形の上にヴィトンのグッズが点在しているようなディスプレーです。建築南側
に植えられた木の下はポケット広場のような雰囲気で、格好の待ち合わせ場所
になっているようです。
a0100318_073719.jpg

Photo ルイ・ヴィトン高知店 南側エントランス横
[PR]
by onlyonea | 2007-11-05 00:13 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(3)

建築設計料金

一級建築士が建築設計事務所を開設した場合
主な収入は建築の設計監理業務による
設計料の一つの基準が設計料率で、総工費の何%かで表現されます
最近は自社のホームページに公表している設計事務所も多いようです

同じ設計事務所でも高知などの地方都市と大都会で
またベテランと若手の実績差や総額の違いによっても当然変わってきます
ひとつの目安が10%程度か
ただし狭小住宅の場合は最低設計料が必要になる場合あり
設計料は価値を画一的に決めるのは非常に難しいという点で絵画や料理に似ています
設計理論や手法も人により様々
例えば模型をつくる設計者もいれば全くつくらない人もいるし
CGでつくる人もいればスチレンボードなどでつくる人もいます
また住宅メーカーの場合は営業が無料で基本設計し建築士が実施設計をすることもある
a0100318_06360.jpg

ルイ・ヴィトン高知店(設計:乾久美子建築設計事務所)と日曜市
人の群れの向こう側の白いテントが高知市の日曜市の起点です
ここから高知城前まで日曜日のみの仮設市場が続きます
おかげ様でアクセス数6000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2007-10-09 00:20 | 一級建築士について | Comments(0)

ルイ・ヴィトン高知店 ショーウインドー

ルイ・ヴィトン高知店はショーウインドーが街路に面して、南側と東側に設置されて
います。東側は奥行の無いポスターが交換できる設計です。パソコン画面の壁紙
のようでもあり、ポスターが変わると、建築の印象も変化します。ファッション業界は
もう秋冬ものに完全に移行しているようですね。今度のポスターは機関車が登場し、
高知駅新駅舎の工事が進行する高知市に似つかわしいのではないでしょうか。
a0100318_1341724.jpg

Photo ルイ・ヴィトン高知店 東側ショーウインドー
おかげ様でアクセス数5000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2007-09-11 01:37 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

高知駅 新駅舎の敷地条件

高知駅新駅舎の南北を貫くことになる大通りは都市の軸線となり、新駅舎は高知
のシンボル的な建築になります。新駅舎南側は業務地域や商業地域が広がり、
北側は住宅地が多いという南北で条件の異なる敷地です。4月14日と16日
photo参照。この建築南側は解放して、プラットホームの人や列車の動きによる
賑わいを演出し、都市に活気を与える設計です。逆に、建築北側はスケールダウン
と周辺環境のプライバシーへの配慮を考えて、駅舎を覆い隠す屋根を3段に分節
化し、大開口にルーバーが設置されます。

「JR四国高知駅」建築data
所在地:高知県高知市栄田町、主要用途:駅舎
設計:四国旅客鉄道、四国開発建設、内藤廣建築設計事務所
構造設計:川口衞構造設計事務所
規模:地上3階、述床面積:3,296.76㎡
構造:SRC造、RC造、S造、木造(ハイブリッド構造)
施工期間(予定):2005年12月~2008年3月
photo:ルイ・ヴィトン高知店南側から高知駅新駅舎を望む。
a0100318_23293855.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-05-24 23:40 | 高知駅 設計 エピソード | Comments(0)

ルイ・ヴィトン高知店

JR高知駅とはりまや橋のほぼ中間から西に高知城まで伸びる大手筋で日曜ごと
に開催される日曜市。それは高知県の海の幸・山の幸が販売される貴重な観光
スポットで、東の起点辺りにこの建築は位置しています。
ファッション関係の商業施設で有名な女性建築家、乾久美子さんの設計。外壁の
大部分がダブルスキンになっていて、外側が格子状に小さな孔があいた半透明
の被膜、内側は孔が無くセキュリティを確保しています。内部空間は透明とミスト
状を組み合わせた格子模様のガラス、西側中央の中庭と数ヶ所のVOIDで変化
をつけています。
ダブルスキン外側の孔はライムストーンを千鳥に目透かし配置したもの。ライム
ストーンはさんごや貝からできており、さんごは高知の特産品です。設計者は
高知らしさを考えてこの素材を選んだのではないでしょうか。

ファサードはルイ・ヴィトンのゴージャスというよりはエレガントなブランドをスマート
に表現して、夜間照明時は内側の壁の明暗により市松模様が浮かびあがります。
これはパリで世界初の旅行鞄専門店としてスタートしたヴィトンのダミエキャンパス
のデザインそのものです。ブランドにうといけど勉強しました。

「ルイ・ヴィトン高知店」建築data
竣工:2003年3月、主要用途:物品販売店舗
所在地:高知県高知市はりまや町3-1-1
設計:乾久美子建築設計事務所、建築家:乾 久美子
構造設計:空間工学研究所、施工:清水建設
構造:鉄骨造、規模:地上2階、敷地面積782.78㎡、
建築面積328.53㎡、延床面積493.51㎡
屋根:陸屋根、形態:箱型、中庭あり、南側オープンスペースに植樹
外壁:一部ダブルスキン、外側:ライムストーンをSUSロッド支持
ライムストーンはサンゴや貝などの遺骸が堆積してできた石灰石。
比較的明るいベージュ系の柔らかい石が多い。吸水性は高い。
photo01:四国のルイ・ヴィトンストアでデパートのテナントでないのは高知店だけ。
エレガントな夜景が永く続いて欲しい!
a0100318_1225211.jpg

photo02:歩道を歩きながら外壁の孔をのぞきこむ人多し。
a0100318_10223349.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-05-19 12:15 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)