地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

タグ:ワークステーション ( 8 ) タグの人気記事

坂本龍馬記念館 海窓

a0100318_213615100.jpg

今日は記念日ということで無料開放された龍馬記念館をちょこっと覗いてみる
ドリンク自販機が設置され海窓という休憩スペースができていました
腰かけた時に手摺が少し気になりますが空間自体はあった方がよいと思います

本当によい天気ぜよ
[PR]
by ONLYONEA | 2011-11-15 21:41 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 円形広場

a0100318_825097.jpg

龍馬記念館は足元の円形広場なしでは成立しないだろう
こんなに広い水平線が見える広場なんて全国でもそんなには無いはず
ここで討論すると龍馬のように進むべき未来が見えるかもしれない
大階段は腰掛けて海が見える設計になっているようです
駐車場側に横浜の山下公園のような海を眺めるベンチがあっても良いかも
[PR]
by onlyonea | 2010-01-09 08:29 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 屋外階段手摺

a0100318_1720157.jpg

久しぶりに気分転換に桂浜を訪れると階段の手摺のデザインにはっとした
こんなアールのデザインだったとは(笑)
それでいて違和感を感じてなかったことにも驚かされる
設計者にとってはこうでなくてはならなかったのだろう

今年は幸運にもいくつかのプロジェクトに統括設計者として携わることができました
一つのプロジェクトはすでに竣工
ありがたいことであると同時に責任の重さも感じます
多くの方のご支援によりなんとかこなせているようです
少しでも良い仕事になるようこれからもよろしくお願いいたします
よいお年を!
[PR]
by onlyonea | 2009-12-26 17:23 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

桜座 バルコニー

空を切り取る空間。屋根がかかっていないので、雨が降り注ぎます。
屋根がかかっていないと無駄ではないかと思う方もいるはずです。
a0100318_8351761.jpg

PHOTO 桜座 バルコニー
しかし、雲の動きを眺めていると、意外と豊かな体験ができます。
古くは古代ローマのパンテオン。最近では大人気の石川県金沢21世紀美術館。
いずれも人気の空間に、空に向かって孔が開いています。
一見すると無駄に思える空間に実は豊かさがある。
これは実際に体験してみないと、なかなかわからないと思います。 
[PR]
by onlyonea | 2008-10-20 08:37 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 高知の赤

坂本龍馬記念館を遠くから見ると赤い線形が桂浜に伸びているのがよくわかります。
この赤い外壁をはじめてみた時、なぜか懐かしい感じがしました。桜座にも同じような
赤い壁があります。
a0100318_0122038.jpg

PHOTO 坂本龍馬記念館 赤い壁とガラスのカーテンウォールの対比

もうとっくに気づいていた方もいるかもしれませんが、はりまや橋とよさこいの鳴子の赤の
イメージではないかと思います。
そういえば、土電西武デパート跡地の商業ビルのイメージパースも交差点の一角が赤い
外壁になっていました。やはり近くのはりまや橋を意識した設計ではないでしょうか。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-28 00:13 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 龍馬像(坂本龍馬の銅像)

今日は坂本龍馬の誕生日であり命日です。期間限定で龍馬像と同じ目線で太平洋
を見るというイベント(無料)開催中。
a0100318_18395348.jpg

Photo 高知市桂浜の龍馬像

坂本龍馬の銅像は募金により、建立・修復されました。ちなみに、建立を呼びかけた
のが早稲田大学と京都大学の学生であり、いかにも坂本龍馬らしいのですね。
おそらく高知県における龍馬像の存在価値は、アメリカにおける自由の女神のそれ
に勝るとも劣らないものだと思います。坂本龍馬記念館の最大のポイントは龍馬像
がある高知市桂浜にあるということです。実は龍馬記念館のすぐ東側に国民宿舎が
あります。こちら側のファサードには切妻屋根の集落とスクリーンに映し出された海
という繊細な建築の表情が見事に設計されています。
a0100318_1840315.jpg

Photo 坂本龍馬記念館 東側の屋根形
設計 ワークステーション、建築家 高橋晶子+高橋寛、
[PR]
by onlyonea | 2007-11-15 18:46 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)

桜座

横浜市の設計事務所ワークステーションによる「高知県立坂本龍馬記念館」に
つづく高知県における2作目の建築作品。この建築のテーマは気軽に入れる町に
開かれたホールです。ホールを囲む3方向のホワイエは外光が差し込む明るい
スペースです。更に、移動席が後部に収納されるロールバックチェア方式の多目的
ホール客席(400席)の両側面2方向に大きなガラスの開口部が設けられています。
ホワイエを通して自然光がホール内部にまで差し込むという設計を試みています。
もちろん、ホール開口は2重ガラスで遮音性を確保し、その間に組み込まれた遮光
カーテンにより必要に応じてホール内部を真っ暗にもできます。

「佐川町立桜座」建築data
竣工:1998年3月、所在地:高知県高岡郡佐川町甲346-1
設計:ワークステーション、建築家:高橋晶子+高橋寛、施工:(株)フジタ四国支店
構造:地上4階、地下1階、RC造、舞台はプロセニアム形式
a0100318_83956.jpg

photo ポップな2階ホワイエ。右側のガラスを通してホール内部が見えます。
左側開口上部には調光のため杉のルーバー設置。
a0100318_10430437.jpg
Photo 桜座 外観
[PR]
by onlyonea | 2007-05-29 08:13 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 

磯崎新さんを審査員長とする「高知県立坂本龍馬記念館」の公開コンペにおいて、
篠原一男さんの設計事務所に所属していた高橋晶子さんの設計案が採用される。
横浜の建築家がやってきて、高知の日曜市を気に入ってくれた。
海と一体になってこそ、この建築の個性が発揮される。大きな海に負けない素直
でダイナミックな形態、アバンギャルドな篠原一男さんの影響も感じられます。

photo01:建築西側から太平洋を望む。
a0100318_11124352.jpg

photo02:円形広場のピロティから太平洋を望む。ここは地球が丸く見える場所。
a0100318_1754834.jpg
This construction leads everyone to the Katsura beach in the
Pacific Ocean which Ryoma Sakamoto loves.
a0100318_23164162.jpg
「高知県立 坂本龍馬記念館」建築data
竣工:1991年11月
受賞:日本建築家協会新人賞、高知市都市美デザイン賞
所在地:高知県高知市浦戸城山830
設計:ワークステーション(坂本龍馬記念館コンペに当選後設立)
建築家:高橋晶子+高橋寛、構造設計:木村俊彦構造設計事務所
用途:美術館 、構造:S造一部RC造 、規模:地下2階、地上2階
屋根:陸屋根、屋上展望スペース
形態:円形広場上で海に直交する2つの線形が交錯し連結。
竣工時のエントランススロープは現在使用されていない。
[PR]
by onlyonea | 2007-04-06 00:34 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)