地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

南面採光

自然光といっても直射日光と間接光がある
駐車場に停めた車内に直射日光が差し込めば、寒い冬に暖房なしでも十分に暖かい
という経験をされたことはないでしょうか
間接光は明るくてもそれほど暖かくはない
広さにもよるが南向きの部屋は冬でも比較的暖かく
南向きの窓と庇があるだけで省エネルギーになる可能性がある
夏は太陽高度が高くなるので庇で直射日光を遮ることができる
逆に北向きの窓は寒い冬に直射日光が差し込まず、暑い夏に差し込むため
熱環境の点ではあまりありがたくない
住宅では圧倒的に南向きの窓がお勧めです
そういう意味では南側に広い庭がとれない場所の建築の方が
設計者の差がでやすい
ただし建築用途により直射日光が当たらない方がよい場合もある
[PR]
# by onlyonea | 2014-03-14 17:09 | 唯一無二の設計論 | Comments(0)