地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

高知駅 エレベーター

高知駅舎はもちろんバリアフリーです。高架のホームなのでエレベーターを利用
しています。中2階部分の天井は間接照明で明るく、エレベーターの昇降路は
ガラス張になっていて、圧迫感を感じさせない設計になっています。
a0100318_058321.jpg

PHOTO 高知駅 中2階
スウェーデンなどがバリアフリーの先進国で、車椅子に乗った人々が自由に街を
行き来している写真をよく目にしました。もはや日本でも公共建築において
バリアフリーは常識になっているようです。

おかげ様でアクセス数16000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-31 01:00 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

坂本龍馬記念館 高知の赤

坂本龍馬記念館を遠くから見ると赤い線形が桂浜に伸びているのがよくわかります。
この赤い外壁をはじめてみた時、なぜか懐かしい感じがしました。桜座にも同じような
赤い壁があります。
a0100318_0122038.jpg

PHOTO 坂本龍馬記念館 赤い壁とガラスのカーテンウォールの対比

もうとっくに気づいていた方もいるかもしれませんが、はりまや橋とよさこいの鳴子の赤の
イメージではないかと思います。
そういえば、土電西武デパート跡地の商業ビルのイメージパースも交差点の一角が赤い
外壁になっていました。やはり近くのはりまや橋を意識した設計ではないでしょうか。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-28 00:13 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

旧高知駅ホーム

新駅舎から稼動している旧駅舎のホームを見たのはその時が最初で最後となった。
一期一会の空間。ブログにより旧駅舎に愛着をもった人がいるのも知りました。
a0100318_0161440.jpg

PHOTO 高知駅新駅舎から旧駅舎ホームを望む

私自身も西は長崎駅、東は東京駅まで高知駅のホームから旅した思い出がありま
す。東京駅から旧高知駅に帰ったとき、懐かしさと同時に大きな格差を感じました。
大都会と同じスタイルではなく高知らしさ。大きくなくて小さいからできることを設計
にも追求した駅舎の将来はいかに・・・。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-25 00:23 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)

梼原町総合庁舎 構造

外壁の木パネルはRC造の構造体に胴縁を組み、固定されています。通常の仕上
に用いられる材料の上を更に木で覆うというゴージャスな設計なので、断熱は完璧
のはず。梼原は高知県では雪が多い方なので、省エネ効果は大きいと思います。
a0100318_013719.jpg

Photo 梼原町総合庁舎

梼原町は雲の上のホテル・レストランをはじめ魅力のある建築も多く、高知で最も
洗練された田舎?という感じですね。棚田の風景と風力発電施設の対比が印象的。
世界的ミュージシャン坂本龍一氏の「koko(ココ)」シングルCDジャケット裏面には
高知県梼原町の「more tree(モア・ツリー)の森」でカーボンオフセット(森づくり
事業参加によるCO2の相殺)されたサインが印刷されています。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-21 00:16 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

横倉山自然の森博物館 アプローチ

平家伝説や牧野富太郎氏の軌跡が残る高知県越知町横倉山の豊かな、しかし
過酷な自然の中に挿入されたコンクリート打ち放しの壁。コンクリートは重く堅い
素材ですが、安藤建築では軽く柔らかさを感じさせます。
a0100318_0493174.jpg

Photo 横倉山の自然の中に挿入されたアプローチ 

それは、周囲の環境を考慮しながら慎重に配置されている証しなのかもしれません。
大きいものを小さく見せる。人を驚かせるよりは温かみがある。
そんな建築設計が求められているような気がします。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-18 00:54 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

高知駅舎 展望スペース

今や高知市のメインストリートと感じる人は多いであろう高知駅からはりまや橋
への街路を高知駅のホームから見下ろすことができます。まだ旧駅舎で視界は
遮られているのですが、かなり遠くまで見通せそうです。
a0100318_055627.jpg

Photo 高知駅高架ホームからの眺望

駅のホームが展望スペースでもあるように設計されています。高知市は高知城を
中心とする城下町でした。どちらかといえば、東に向けて発展したように思われます。
日曜市や中心商店街が城下から東に向けて伸びているからです。これは偶然では
なく、浦戸湾から堀川への海運に便利な方向だったのではないだろうか。
鏡川・堀川に平行して伸びる伝統的な街路とそれに直交する近代的な街路が刺激
しあって、街が活気づくことを期待したい。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-12 00:09 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

高知県産木材による住宅助成事業

高知県は面積の80%以上を森林が占める日本有数の森林県です。優良木材として
は馬路村・嶺北・仁淀川のスギ、四万十のヒノキなどが有名です。比較すると、スギは
柔らかく傷付きやすいが、やさしい。ヒノキは堅く、反りにくい。現在、県産木材を利用
した住まいづくりを助成するシステムを高知県森林部木材産業課(高知県庁西庁舎)
や四国銀行などが提供しています。設計条件がありますが、高知県で木造住宅を
お考えの方はご検討されてみてはいかがでしょうか。
a0100318_23543156.jpg

Photo 高知駅天井にも県産木材を利用。
高知駅大屋根は高知の海の幸(くじら)、山の幸の象徴でもある。
節がある木材は割安。いまや節も天然のデザインとして積極的に利用する建築家が
全国的に多い。
[PR]
by onlyonea | 2008-03-09 00:03 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

ローズガーデン

神戸の異人館が建ち並ぶ中に、初期の安藤忠雄さん設計の建築が点在しています。
その一つがローズガーデンです。
a0100318_0121218.jpg

Photo ローズガーデン 外観
RCですが、外壁はコンクリート打ち放しでなくタイル、陸屋根でなく変形の切妻屋根
ですね。中庭は井戸の底のような空間でした。様々な試行錯誤を経て、世界の安藤
に至っていることが実感できる貴重な建築。
a0100318_0123434.jpg

Photo ローズガーデン 中庭VOID
「ローズガーデン」建築data
竣工 1977年、所在地 兵庫県神戸市中央区山本通
設計 安藤忠雄建築研究所、構造 RC造
[PR]
by onlyonea | 2008-03-06 00:19 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)