地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

高知駅 新駅舎 大屋根 内側見えた

高知駅は新駅舎大屋根の西側の仮設が解体され、そこから大屋根内側の野地板
や構造体(集成材・鉄骨アーチ、鉄骨トラス)が見えるようになりました。
この部分はこれで完成ということなのでしょうね。鉄骨トラス(斜材)は結構大きい
ものですが、野地板はよく見えるように設計されています。高知駅新駅舎を近く
から眺められる日が確実に少しずつ近づいていると実感しました。
Photo 高知駅 新駅舎 北口 大屋根
a0100318_8114377.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-07-31 08:15 | 高知駅 設計 エピソード | Comments(2)

シーラカンスが高知にやってきた

昨日、高知市五台山竹林寺にて、高知県建築士会主催の第29回サマー・セミナー
が開催され、建築設計事務所C+Aトウキョウ(シーラカンス)代表の小嶋一浩さん
(建築家)による講演会が行われました。演題は「Fluid Direction」で、日本語に
訳すと「流れの方向」。Fluid には、光・風・音・熱・アクティビィティなどがあり、
それらの流れを検討しながら空間を設計されているそうです。目に見えるもの以外
の五感に感じるものすべてを含めて気持ちの良い空間を組み立て、建築化していく
ということです。環境的計測データを図表化した資料は非常に興味深いものでした。
私の経験では優れた建築家ほど、自分の設計態度や美意識を過信しておらず、
常に一から自分のやり方を見直して設計しているようです。中身の充実した大学の
講義のような本当に素晴らしい講演会だったと思います。
関係者及びスタッフの方々、お疲れ様でした。
a0100318_10484610.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-07-29 10:16 | Comments(0)

大阪国際平和センター「ピースおおさか」

公開建築設計コンペにより若き建築家集団シーラカンスが当選した平和施設建築。
シーラカンスという設計事務所は東京大学大学院の原広司研究室で共に学んでい
た6人のパートナーが集うところから誕生しました。この建築は初期の代表作といえ
るのではないでしょうか。建築関係者ではない友人と一緒に見に行ったのですが、
展示内容は大変興味深いものだったようです。戦争中の空襲の恐ろしさなどがひし
ひしと映像や展示物から伝わってきました。巨大なVOIDがあるのですが、明るい
というよりは空虚なやや暗めの空間を意図しているように感じられました。様々な形
の屋根は異なる国家や民族の共存を表しているそうです。大阪城公園側の緑に面
した複雑な屋根形の集まりと反対道路側の大きなボリュームから成るファサードの
差異は敷地条件の差異をそのまま表現していて、原広司さん設計の「ヤマトインタ
ーナショナル」と共通のデザインテイストが感じられます。この場所と施設にふさわ
しいオンリーワンの建築となっています。
a0100318_21435139.jpg

Photo 大阪城公園側ファサード
a0100318_21441324.jpg

Photo 道路側ファサード
今年の高知県建築士会「サマーサミナー7月28日(土)、会場:五台山竹林寺」の
講師はC+A(元シーラカンス)代表の建築家・小嶋一浩さんなので、高知市在住の
方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。建築関係者以外の参加も歓迎のはず。

大阪国際平和センター「ピースおおさか」建築data
竣工:1991年、所在地:大阪府大阪市中央区大阪城2-1
交通:JR環状線・地下鉄中央線「森ノ宮駅」下車、徒歩5分
主用途:博物館、その他
設計:大阪市都市整備局営繕部+シーラカンス

おかげ様でアクセス数3000突破。ありがとうございます。
[PR]
by onlyonea | 2007-07-25 21:49 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

高知駅 新駅舎 大屋根葺き工事 進行中

本日、高知県は気象庁より梅雨明けの発表がありました。いよいよ夏本番ですね。
高知駅の大屋根葺き工事は南側から北側の分節部分上部まで完成しました。
屋根の色は淡い緑なのですが、高知の夏の強い日差しを受けると、
ほぼシルバーに見えますね。
Photo 高知駅 新駅舎 北口 大屋根
a0100318_19555386.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-07-23 20:02 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(4)

神戸港震災メモリアルパーク

阪神・淡路大震災後に神戸を訪れ、メリケンパークの「フィッシュ・ダンス」を見に行き
ました。カフェレストランの建築のそばにある巨大な魚のオブジェは、今にも動き出し
そうですが、微妙なバランスを保っています。
a0100318_73624100.jpg

Photo フィッシュ・ダンス 設計 フランク・O・ゲーリー、監修 安藤忠雄

その頃の神戸の街は大震災前と変わりなく感じました。しかし、フィッシュ・ダンスの
すぐそばに「神戸港震災メモリアルパーク」を発見。そこには阪神・淡路大震災で
崩壊したメリケン波止場が保存されていました。そのまわりを回廊で取り囲み、
自由に見学できるようになっています。また、震災時の写真などの展示スペースも
設けられていて、阪神大震災の記憶を風化させない貴重な施設になっています。
撮影時、修学旅行の団体が見学していたのですが、皆その場をなかなか立ち去ろう
とはせず、見入っていたのが印象的でした。
a0100318_7115010.jpg

Photo 神戸港震災メモリアルパーク
所在地 兵庫県神戸市中央区波止場町

台風4号が過ぎ去ったと思えば、新潟・長野で地震が起き、ライフラインが寸断され
た地域もあります。十分な飲み水や食料が確保されれば良いのですが・・・。
[PR]
by onlyonea | 2007-07-17 22:55 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(3)

高知駅 新駅舎 大屋根葺き工事

高知市内は昨日の台風の暴風雨がうそのように今日は朝から晴れわたりました。
高知駅の大屋根はチタン亜鉛合金の立はぜ葺き工事が進行中です。
屋根の色は少し緑がかっていて、設計意図としては空にも木にもなじむような色と
いうことでしょうか。
Photo 本日の高知駅
a0100318_21125980.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-07-15 21:15 | 高知駅 設計 エピソード | Comments(2)

高知県立牧野富太郎記念館 五台山の場所性

a0100318_2054374.jpg

Photo 高知市浦戸湾方向を見下ろす

この高さはおそらく新宿の超高層NSビル位でしょうか。(適当)
これは、五台山頂にある展望台ビル(2階建)の喫茶スペースから高知を見おろした
風景です。天然の超高層ビル空間です。
かつて(1969年2月~1978年9月)五台山には自走式のロープモノレールがあり
ました。昔から五台山は高知の街を見おろせる絶景スポット(景勝地)でした。
現在の展望台はモノレール跡地を再利用したものなのです。
a0100318_20565744.jpg

Photo 右上に高知の超高層ビル街が見えます。2本だけですけど。
本数は名古屋とタメ?台風4号接近に気をつけてくださいね!

「五台山モノレール跡地建物及びランドスケープ」建築data
受賞:第1回都市美デザイン賞1984
所在地:高知県高知市五台山
設計:㈱GM造園設計事務所
ランドスケープ計画・設計:アースデザインコンサルタント株式会社
[PR]
by onlyonea | 2007-07-13 21:05 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)

中芸高校格技場

土佐派を代表する山本長水さんは、地産地消を建築設計において実践されている
建築家のお一人です。木をジョイントするため(ボルトや筋交いなど)以外の目的に
おいては、金属材料を極力排除し、また見せないように設計されているように思わ
れます。100年以上もつということですが、解体時の廃材処理を考えれば効率的
です。竹の小舞下地漆喰塗壁などの自然素材は最終的に土に帰ります。
また、工業生産時に発生するCO2削減まで意識されているのかもしれません。
この大空間建築もあくまでも純粋な木造なのです。

内部は高知県産ひのきを曲げ加工した重ね梁の美しいアーチによる曲面天井と
漆喰塗壁の明るい大空間。トップライトは手動の可動式ルーバーにより調光可能
です。外部にはパネル化された下見板が用いられています。

無骨に木を編むという建築設計の姿勢は一貫されているのだと思います。
しかし「かたつむり山荘」における特殊解から「中芸高校格技場」における完全なる
統御(ごく自然に感じられる全体像)への飛躍などが、地方都市・高知で活躍する
建築家による日本建築学会賞受賞という大偉業をもたらしました。
a0100318_20462232.jpg

Photo 内観
「高知県立 中芸高校格技場」建築data
受賞:日本建築学会賞1999、竣工:1995年8月
所在地:高知県安芸郡田野町1203-4、用途:格技場
建築設計:山本長水建築設計事務所
構造設計:HF設計
構造:木造、規模:地上1階、延床面積486㎡
[PR]
by onlyonea | 2007-07-11 20:57 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

ヤ・シィパーク

梅雨があけると、もうすぐ夏ですね。今日は南国高知の誇る臨海公園をご紹介し
ます。建築の細かいデザインうんぬんよりも全体の設計コンセプトが素晴らしい。
豊かな芝生の緑と長大なウッドデッキと大階段が海との一体感をもたらします。
シーズンオフでもウッドデッキに腰掛けて語らう人は多いです。
雄大な海と一体感のある建築空間は意外と高知には少ないのです。台風銀座と
いう場所性が建築と海を隔離しているのかもしれません。
ランドスケープデザインの稲田純一さんは、高知市五台山の「牧野富太郎記念館」
の設計においては、台風時の強風対策のランドスケープを提案されました。
a0100318_1916491.jpg

Photo 芝生と砂浜へ降りる大階段の間に敷き詰められたウッドデッキ

日本全国で考えても駐車場や更衣室、シャワー・ロッカーなどの設備の充実と、水の
きれいさからいえば、かなりランクの高い海水浴場になるはずです。誰もが気軽に訪
れることができる雰囲気も都会的。飲食店や売店も整備され、ヨット、ウィンドサーフ
ィンなどのマリンスポーツの施設もあります。県外の方、海水浴場にはぜひ高知の
ヤ・シィパークお勧めです。
最近はオゾン層破壊で紫外線が強いので、日焼け対策はお忘れなく。
a0100318_1918076.jpg

Photo やなせたかしさんデザインのキャラ「にんぎょちゃん」が夜須駅でお出迎え

「ヤ・シィパーク」建築data
竣工:2001年、所在地:高知県香南市夜須町坪井・千切
交通:土佐くろしお鉄道ごめんなはり線夜須駅、「道の駅やす」
ランドスケープ基本設計:稲田純一(㈱ウイン代表)
[PR]
by onlyonea | 2007-07-09 19:56 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)

「オンリーワン建築設計」 profile

a0100318_1347367.jpg

                                   Photo 高知・桂浜
高知県高知市出身
つい最近他人のブログを見てル・コルビュジエが死んだ月が誕生月であることに気づいた
スポーツはテニス・スキーなどを一通りはこなす
行ったことのあるゲレンデ:草津、志賀高原、白馬、苗場、ハチ北etc
江ノ島でウインドサーフィンしたことがあり風向き方向にはスムーズに進めるが
逆風の方向に進むスキルはまだない

神奈川県川崎市のホールで東京大学を含む3大学合同開催の英語劇にCAST出演
とはいうものの決して流暢に英語を聞きとり、話せるわけではない
しかし海外の建築家とぜひ話してみたいと考えている

東京時代は週末よくレインボーブリッジを渡りお台場までドライブした
フジテレビ球体展望台からの夜景は素晴らしかった
お台場の良い点は東京の圧倒的スケールの都市や建築が水辺の向こう側に
小さく見えるところ
そこであたふたしていた自分自身をクールに客観的に見つめなおせるから

a0100318_20375298.jpg

Photo 東京・お台場に「自由の女神」がいた頃、1998.04.29-1999.05.09
[PR]
by onlyonea | 2007-07-07 19:44 | profile