地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

カテゴリ:建築設計 資料 (高知県外)( 42 )

ベネッセアートサイト直島 屋上庭園

a0100318_22212111.jpg

私が瀬戸内海の直島に渡ったのはコンテンポラリーアートミュージアムだけ
しか無かった頃に一度だけ
そこには東京で学んだ幾何学デザインが実現されており
いつかは自分が設計したコンクリート打放しの円弧の前に立つ機会があれば
と決意を新たにしました
「わの建築」をかすかに意識した瞬間といえるかもしれない
そういう意味では「わのかだん」を実現し今年は達成感のある年でした

より重要なのは円を描くことではなくて曲線と直線で囲まれた空間
高知県立美術館で展示中の「写真家 石本泰博の眼-桂、伊勢」
オープニングセレモニーにおいて磯崎新さんによる記念講演会の
ラストに紹介された伊勢神宮の写真にもそのような空間があってはっとした

今日は設計事務所に所属する建築士に3年ごとに義務づけられた
定期講習を受講してきました
受講後マークシートの試験がある・・・
冬は役職が一つ増えます 鍋奉行!
[PR]
by onlyonea | 2011-12-14 22:24 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

北浜alley 港町の風景

a0100318_192733.jpg

北浜アリーの前に広がる高松港の風景
a0100318_19294898.jpg

ふぅー なんだ ネコか(汗)
港の倉庫にはハードボイルドがよく似合う(笑)
この後ネコが店の入口まで案内してくれました
ここに探偵事務所があったらドラマができそう
さびた金属板の外壁は意外にも現地では自然な表情を見せるのだが
たとえ古材が新材に置き換わったとしても中庭は十分魅力的な空間ではないだろうか
[PR]
by onlyonea | 2010-11-20 19:42 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

北浜alley

仕事で高松へ
時間があったので北浜アリーによってみました
ここは高松港のフェリー乗場にほど近い場所
a0100318_8342432.jpg

♪いとしのアリーって名曲だよね エリーだよ(一人つっこみ)
歴史を刻んだ倉庫の再生
港の倉庫におしゃれな人たちが集まってくるストーリーの展開は・・・
少し怪しさもただよう隠れ家のような雰囲気
港町だからこそ成立するのかもしれない
現地を訪れてみないとこの感覚は間違いなく伝わらないだろう
メインはカフェと雑貨屋
a0100318_22493926.jpg

防火対策からも設けられたそうである中庭は象徴的な空間
西洋の広場にも見られるモダニズムの方程式に合致した明快な構成
[PR]
by onlyonea | 2010-11-19 22:51 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 時間

a0100318_1242933.jpg

グラウンド側廊下では勾配屋根の木組天井や丸太が
内子町の深い緑へと誘います
普通教室へはここから出入りするようです
中庭と普通教室を結ぶVOID状の廊下をくぐれば
ひょっとしたらタイムトンネルのような体験ができるかもしれない
[PR]
by onlyonea | 2010-09-27 01:24 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 集落

a0100318_953179.jpg

このアングルが集落のイメージに最も近いかも
とにかく視点が移動すると建築の表情が全く変わります
それでいて一つ一つが印象的で心に残る
内子町の深い緑と高低差の中で様相論の方程式により導き出された建築は
比類なき輝きをはなっていました
四国の人が訪れると故郷の素晴らしさを再認識できるのではないかな
[PR]
by onlyonea | 2010-09-26 09:57 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 様相

a0100318_10264962.jpg

このPHOTOは印象的でありながらなんともコメントしづらい
近代モダニズムの言語を超えているのかもしれない
原さんはわかったうえで敢えてやられているのである

鋸状の屋根は非常に難解だが敷地条件に対してよりセンシティブに
応答するデザインの試みではないか
解体というよりはオーバーレイによるアモルファス
今やテレビもアナログからデジタルに移行している時代なのだ
そしてメラメラとしているようにも見える
大江健三郎さんの著書「燃え上がる緑の木」ではこの建築と原広司さんが
モデルとなった人物が登場しているらしい
[PR]
by onlyonea | 2010-09-25 10:28 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 雲形

a0100318_18284673.jpg

原さんの設計した建築によく登場する雲形はこの建築にもありました
今回で雲形の意味についても随分わかったような気がする
この建築ではごく限られた場所からしか見えません
いつも比較的高い部位にあるのだが
この敷地では登場すべき場所がそこしかなかったのではないだろうか
[PR]
by onlyonea | 2010-09-24 18:37 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 空中庭園

a0100318_21565441.jpg

デッキから中庭を見下ろす
その瞬間に京都駅のデッキに立った感覚が蘇った
デジャブー空間
空間の全体像は違いながら原理原則は同じだと感じた
[PR]
by onlyonea | 2010-09-23 21:58 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 類似と差異

a0100318_8105153.jpg

おそらく周辺の民家に配慮したのではないかと思われる収納スペース
ヤマトインターナショナルや京都駅のイメージからすると
こんなに潔く日本瓦の屋根や丸太を用いられているとは想像してなかった
集落は類似と差異の両方を内包できると証明されているかのようでした

場所をいかした設計を口にする建築家は多いが自分に都合のよい説明を
するだけで何の方法論にもなっていない場合も多いなか貴重な実践
私自身も新しい建築の可能性に気づかされ励まされました
[PR]
by onlyonea | 2010-09-22 08:11 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)

内子町立大瀬中学校 経路

a0100318_2140653.jpg

高低差を利用して様々な経路が用意されています
この先にすごい部屋がありそうだと容易に想像できた

例えるなら光の迷宮のインディ・ジョーンズ空間
もちろん丸い岩はころがってきませんが
映画「インディ・ジョーンズ」の映像を見ているようなわくわくする空間でした
[PR]
by onlyonea | 2010-09-21 21:41 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)