地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

日土小学校

四国の愛媛県で保存再生利用が決まった木造の校舎建築
1999年DOCOMOMO 20に選定
透明感の高い構造から独立した木製の端正なカーテンウォール
文字通り川の上に突き出した大らかな空間
両面採光にこだわったのは照明さえままならない時代だったから
こういう設計姿勢は今エコの時代にも必要とされるもの
クラスター型教室配置の先駆け
当時四国の小都市に登場した小学校の完成度の高い革新的デザインに東大教授が驚嘆
建築の中でも学校や病院のシステムは進化し続けている
最近の学校建築のトレンドはオープン形式なので増築を必要とした
できるだけ間仕切をなくし廊下と教室を一体化して
ちょっとした実習は特別教室に移動せずに行われるわけです 
建築家 松村正恒さんは土浦亀城建築設計事務所を退所後
八幡浜市役所で公共建築の設計に携わり数々の傑作建築を誕生させる
公共建築では実験を民間建築では堅実を実践された
一般的には民間建築の方が自由なイメージがあったので意外だった
淡いピンクの窓やグリーンの外観は「さくらいろ」「くさいろ」ではないかと感じた
a0100318_1171549.jpg

第1回 高知県建築文化賞 記念講演会
(講師 花田佳明 教授 神戸芸術工科大学)にて

「日土小学校」建築DATA
所在地 愛媛県八幡浜市
竣工 1956 1期中校舎 1958 2期東校舎 
    1999 DOCOMOMO 20選出 2009 改修工事
設計 松村正恒(八幡浜市役所)
1913 愛媛県大洲市新谷町出身
1932 武蔵高等工科学校入学
1935 土浦亀城建築設計事務所入社
1947 愛媛県八幡浜市役所土木課建設係入庁
1960 日本の建築家ベスト10に選出 松山市に松村正恒建築設計事務所開設
[PR]
by onlyonea | 2009-11-22 11:10 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)