地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

高知駅バスターミナル 外壁

高知駅バスターミナルの待合場所はモダンなシルバーの箱型の建築です。
外壁はおそらくガルバリウム鋼板の小波を横貼しています。
a0100318_21135381.jpg

PHOTO 高知駅バスターミナル
以前のトタンと比べると耐久性は倍以上だと言われています。内側に十分な通気
を確保した設計をすると長持ちします。金属板の凹凸は通気層に利用できます。
例えば、外壁の素材としてサイディングの耐久性は捨てがたいのですが、重量と
表面のプリントは審美性からするとマイナスだという人も多いのです。
a0100318_21142616.jpg

PHOTO 拡大すると釘が表面にでています。
好んで小波を使って設計した住宅もあります。ローコストで素材感も嫌味がない
のですね。釘が表にでないよう角波に加工された金属板をスパンドレルといい、
谷口吉生さん設計の建築にも多用されています(更に耐久性のあるアルミなど)。
角波は小波に比べてフラット感も増します。
特にシルバーのスパンドレルはコンクリート打放しと似たような建築デザイン上の
効果(ピュアな空間の支援者)があると思います。
[PR]
by onlyonea | 2008-12-04 21:22 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)
Commented by Mach_yoshi at 2008-12-06 02:34
新高知駅、だいぶ完成に近づいているみたいですね。
onlyoneaさんのblog見ていると、その様子がはっきり分かって、今度高知へ帰るときは飛行機じゃなくて駅を利用してみたいなぁ~と思ってしまいます。
Commented by o2a at 2008-12-06 10:50 x
◇Mach_yoshiさん、高知駅周辺はすごく変わりました。高知駅の周りに普遍的なビルができればできるほど、大屋根は目立つはずです。私はJR四国の大歩危・小歩危の風景は絶景だと思います。少し箱根に似たところもあるんですよ。