地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

坂本龍馬 脱藩 27歳の君へ

今日は坂本龍馬の誕生日であり命日ですね。高校時代、同級生のM君に
司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を5回読んだと聞かされた。
そんなに面白い本なら、当時読書嫌いだった私にも読めるだろうと読んだ
記憶があります。龍馬が脱藩を決意したのは27歳のとき、決してすごく
若くはない。月9ドラマの「やまとなでしこ」で、桜子さんは27歳が女性
の最高値だと。そして、F1の貴公子アイルトン・セナのラッキーナンバー
もゼッケン27。更に3の倍数でもあります。あまり関係ないけど・・・。
27という数字は実に面白い?30歳を前に人生の一大転機にさしかかる
年齢なのだと思います。自分の経験からも。龍馬の脱藩は重罪だった。
今の時代でも27歳の方向転換なんて世間は歓迎してくれません。
日本人は異常に年齢を気にする人も多い。しかし、心ある人もいます。
もし方向転換を決意した人がいたとしたら、龍馬のように勇気をもって
立ち向かってほしいのです。
[PR]
by onlyonea | 2008-11-15 19:25 | Comments(3)
Commented by ji5isl at 2008-11-18 23:35
最近の社会状況だと、年取ってからも方向転換せざる得ないケースも多
いかもです (^^ゞ
龍馬は27の頃は彷徨してた頃ですね、この人は結構遅咲きかも。おっし
ゃるとおり一大転機に差し掛かる頃で彷徨する年頃かもです。私はすで
に保守的になっておりました。
最近では熟した年齢になると二足の草鞋がトレンドだとか。
私ももう一足履きたいところですが (^^ゞ
Commented by o2a at 2008-11-19 18:26 x
◇ji5islさん、保守的ということは順調な人生だったのですね。それにこしたことはないと思いますよ。
Commented by ji5isl at 2008-11-20 08:52
>保守的ということは順調な人生だったのですね
順調と言う意味もあるんですね、目から鱗です。
順調な人生・・・かァ (^^ゞ