地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

亀老山展望台

標高307.8mの亀老山展望公園は瀬戸内海の大島南端に位置します。
展望台からは来島海峡と大橋の絶景が眺められます。現地でぜひご覧ください。
a0100318_13577.jpg

PHOTO 緑のスリット
隈さんはシークエンスのみの設計を目指したと述べられています。
水平にカットされアスファルトで固められていた山頂を復元し、内部に劇場装置を
埋め込んだような構成。現地を訪れると「見えない建築」という印象を受けました。
緑のスリットだけが外部に展望台すなわち建築の存在を知らせます。
全く何も見えないと建築は成立しないので、「見えない建築」は厳密に言えば、
「半透明」なのだと思います。そして、粒子のように解体されてもやはり存在するし、
自然を破壊する宿命を背負っている。存在を主張しない建築の存在意義は非常に
大きく感じられました。
a0100318_132892.jpg

PHOTO 閉ざされた空間から上昇すると視界が開ける経路
「亀老山展望台」建築DATA
竣工 1994年 所在地 愛媛県越智郡吉海町
設計 隈研吾建築都市設計事務所
[PR]
by onlyonea | 2008-08-31 01:05 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)