地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

長良川国際会議場 場所性

新渋谷駅は地下に埋め込まれた卵型ですが、実は安藤忠雄さんの設計した卵を
岐阜県で見たことがあります。
a0100318_0372058.jpg

PHOTO 長良川国際会議場の卵型

長良川国際会議場は安藤さんが場所性を考えて設計されていることが最もわかり
やすく表現された建築の一つだと思います。ファサードは長良川に面した側と反対
側が極端に異なります。長良川の方は階段状になっていて、腰かけて長良川を見る
都市劇場ともいえるスケールです。卵型はインパクトがあり、長良川で有名な鵜飼
の鳥の卵のイメージかなと思いました。そして、卵型は長良川と金華山の岐阜城の
方向を指していました。
a0100318_037425.jpg

PHOTO 長良川と金華山を望む
おかげ様でアクセス数18000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2008-04-28 00:39 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)