地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

稱名寺本堂

ガラス瓦のトップライトから降り注ぐ光が、明るい色に塗装された籠状の杉フレームを
照らし出します。光の滝が上から流れ落ちるような感覚でした。
a0100318_20222694.jpg
Photo 外観。ガラス瓦のトップライト

浄土宗のお寺なので光が注ぐ本堂中央に御本尊の阿弥陀如来が安置されています。
仏教のご本尊は宗派によって異なり主に阿弥陀如来・釈迦如来などがあります。
中でも阿弥陀如来は「光の如来」なのです。
最近は核家族化が進み、家にお仏壇がなく先祖代々の宗派を知らない方も多いようです。
そんな家庭でもお仏壇と少なくとも御本尊と三具足程度があれば礼拝できるそうです。
家具調仏壇やモダンな仏具が生まれ、照明のLED化が進んでいます。

構造には粘りのある貫を積極的に取り入れて
いるそうです。明るい色のアプローチのスロープなど、
土佐派の素材を生かした寺院建築という印象を受けました。
a0100318_20261812.jpg
十二種類の光により幸福がもたらされますように

「稱名寺本堂」建築data
受賞 日本建築学会作品選集 2004年
竣工 2001年1月、所在地 高知県高知市、用途 寺院
設計 山本長水建築設計事務所
構造・規模 木造、一部RC造・地上2階地下1階

[PR]
by onlyonea | 2008-02-06 20:33 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)