地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

梅田スカイビル

梅田スカイビルはJR大阪駅から歩いていける距離のところにあります。大阪駅周辺
からぽつんと超高層ビルが見えるのですが、見る方向によって見え方が違います。
a0100318_23562528.jpg

Photo 梅田スカイビル 大阪駅周辺からの遠景

空中で2つの超高層ビルが繋がれる連結超高層というユニークな発想の建築。円形
にくりぬかれた最上階の空中庭園はこの建築の象徴的な空間です。見上げると思わ
ず登ってみたくなりますよね。有料ですが、一見の価値あり。大阪の夜景を堪能した
い方にもお勧めです。39階にはレストランもあります。空中庭園部分は地上で組み
立て、ワイヤーロープで巻き上げるワイヤーリフトアップ工法が採用されました。コスト
ダウンのため連結を中止する声もあったそうですが、安藤忠雄さんの「おもろない。」
という一声が決定打となったとか?京都駅設計コンペ前のことですね。
a0100318_082438.jpg

Photo 梅田スカイビル 正面見上げ

近くの公園から見上げると、原広司さん特有の雲形が見えました。断崖絶壁の上に
集落がある様なユニークなデザイン。連結超高層は通常の超高層ビルの真ん中に
VOIDの超高層を挿入することにより、見る見られる関係が生まれたような空間。
ブリッジは更に多様な視点を提供する。そのデザインは頂部を空中庭園で連結して
はじめて完結するのだろう。
a0100318_23595011.jpg

Photo 梅田スカイビル 雲形

「梅田スカイビル」建築data
竣工 1993年3月、所在地 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番
設計 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構造 木村俊彦構造設計事務所
施工 竹中工務店、大林組、鹿島建設、青木建設JV
構造規模 SRC造、地下2階地上40階

おかげ様でアクセス数7000になりました。
[PR]
by onlyonea | 2007-11-01 00:12 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)