地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

高知駅 新駅舎 大屋根 天井

南側の仮設も西側部分が解体されました。大屋根の設計のポイントのひとつが、
はりまや橋側から高知駅に近づくと、大屋根天井の杉材(集成材)が象徴的に見
えるということでした。今のところ、旧駅舎の建物が邪魔になっていますが、それ
でもかなりよく見えますね。以前に比べると、立ち止まって高知駅新駅舎をじっと
眺めている人が目立っていました。これから更に注目度アップしそうです。
a0100318_8194913.jpg

Photo はりまや橋側歩道から高知駅新駅舎大屋根を望む。
a0100318_11131343.jpg

Photo 上空から拡大した大屋根
[PR]
by onlyonea | 2007-08-08 08:22 | 高知駅 設計 エピソード | Comments(2)
Commented by at 2007-08-10 15:59 x
内藤廣は私が一番好きな建築家なので、以前から注目していました。乗客の印象に残るような素晴らしい駅になるでしょうね。しかし、大屋根の長さが60mの割には小さく見えるなー。関西在住の為、あまり見にいくことが出来ないので更新されるのを楽しみにしています。

Commented by onlyonea at 2007-08-10 23:51 x
貴さん、コメントありがとうございます。内藤廣さん設計の建築関係の
記事のときはアクセスが多いのは偶然でないかもしれませんね。
コメントは安藤さんの記事が多い。これからもよろしくお願いします。