地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

大阪国際平和センター「ピースおおさか」

公開建築設計コンペにより若き建築家集団シーラカンスが当選した平和施設建築。
シーラカンスという設計事務所は東京大学大学院の原広司研究室で共に学んでい
た6人のパートナーが集うところから誕生しました。この建築は初期の代表作といえ
るのではないでしょうか。建築関係者ではない友人と一緒に見に行ったのですが、
展示内容は大変興味深いものだったようです。戦争中の空襲の恐ろしさなどがひし
ひしと映像や展示物から伝わってきました。巨大なVOIDがあるのですが、明るい
というよりは空虚なやや暗めの空間を意図しているように感じられました。様々な形
の屋根は異なる国家や民族の共存を表しているそうです。大阪城公園側の緑に面
した複雑な屋根形の集まりと反対道路側の大きなボリュームから成るファサードの
差異は敷地条件の差異をそのまま表現していて、原広司さん設計の「ヤマトインタ
ーナショナル」と共通のデザインテイストが感じられます。この場所と施設にふさわ
しいオンリーワンの建築となっています。
a0100318_21435139.jpg

Photo 大阪城公園側ファサード
a0100318_21441324.jpg

Photo 道路側ファサード
今年の高知県建築士会「サマーサミナー7月28日(土)、会場:五台山竹林寺」の
講師はC+A(元シーラカンス)代表の建築家・小嶋一浩さんなので、高知市在住の
方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。建築関係者以外の参加も歓迎のはず。

大阪国際平和センター「ピースおおさか」建築data
竣工:1991年、所在地:大阪府大阪市中央区大阪城2-1
交通:JR環状線・地下鉄中央線「森ノ宮駅」下車、徒歩5分
主用途:博物館、その他
設計:大阪市都市整備局営繕部+シーラカンス

おかげ様でアクセス数3000突破。ありがとうございます。
[PR]
by onlyonea | 2007-07-25 21:49 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)