地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

中芸高校格技場

土佐派を代表する山本長水さんは、地産地消を建築設計において実践されている
建築家のお一人です。木をジョイントするため(ボルトや筋交いなど)以外の目的に
おいては、金属材料を極力排除し、また見せないように設計されているように思わ
れます。100年以上もつということですが、解体時の廃材処理を考えれば効率的
です。竹の小舞下地漆喰塗壁などの自然素材は最終的に土に帰ります。
また、工業生産時に発生するCO2削減まで意識されているのかもしれません。
この大空間建築もあくまでも純粋な木造なのです。

内部は高知県産ひのきを曲げ加工した重ね梁の美しいアーチによる曲面天井と
漆喰塗壁の明るい大空間。トップライトは手動の可動式ルーバーにより調光可能
です。外部にはパネル化された下見板が用いられています。

無骨に木を編むという建築設計の姿勢は一貫されているのだと思います。
しかし「かたつむり山荘」における特殊解から「中芸高校格技場」における完全なる
統御(ごく自然に感じられる全体像)への飛躍などが、地方都市・高知で活躍する
建築家による日本建築学会賞受賞という大偉業をもたらしました。
a0100318_20462232.jpg

Photo 内観
「高知県立 中芸高校格技場」建築data
受賞:日本建築学会賞1999、竣工:1995年8月
所在地:高知県安芸郡田野町1203-4、用途:格技場
建築設計:山本長水建築設計事務所
構造設計:HF設計
構造:木造、規模:地上1階、延床面積486㎡
[PR]
by onlyonea | 2007-07-11 20:57 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)