地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

一級建築士試験

一級建築士の資格があれば、現時点ではあらゆる建築物の設計と施工監理が
可能になります。一級建築士試験はバブル崩壊後の2001年(平成13年)には
合格率が10%を割り、超難関の国家資格となりました。
かなり以前に合格された建築士のお話を聞くと比較的簡単に合格できて高収入
という夢のような資格だったらしい。ただCADもなかったので実務は今以上に
厳しかったのではないだろうか。
「銀座で石を投げると一級建築士に当たる」といわれた時代があったとか?
つい最近、高知でも大手の建設会社である香長建設や四国土建が自己破産申請
するという時代なので、設計事務所の存続もなかなか厳しいはずです。
学科試験には建築計画、建築法規、建築構造、建築施工があり、合格者は更に
実技試験の設計製図に合格しなければなりません。設計製図試験にはデザインの
センスなどは要求されません。意匠設計を専門にするには、更に設計のスキルを
アップする必要があります。
[PR]
by onlyonea | 2007-07-05 19:52 | 一級建築士について | Comments(0)