地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

桜座

横浜市の設計事務所ワークステーションによる「高知県立坂本龍馬記念館」に
つづく高知県における2作目の建築作品。この建築のテーマは気軽に入れる町に
開かれたホールです。ホールを囲む3方向のホワイエは外光が差し込む明るい
スペースです。更に、移動席が後部に収納されるロールバックチェア方式の多目的
ホール客席(400席)の両側面2方向に大きなガラスの開口部が設けられています。
ホワイエを通して自然光がホール内部にまで差し込むという設計を試みています。
もちろん、ホール開口は2重ガラスで遮音性を確保し、その間に組み込まれた遮光
カーテンにより必要に応じてホール内部を真っ暗にもできます。

「佐川町立桜座」建築data
竣工:1998年3月、所在地:高知県高岡郡佐川町甲346-1
設計:ワークステーション、建築家:高橋晶子+高橋寛、施工:(株)フジタ四国支店
構造:地上4階、地下1階、RC造、舞台はプロセニアム形式
a0100318_83956.jpg

photo ポップな2階ホワイエ。右側のガラスを通してホール内部が見えます。
左側開口上部には調光のため杉のルーバー設置。
a0100318_10430437.jpg
Photo 桜座 外観
[PR]
by onlyonea | 2007-05-29 08:13 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)