地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

ルイ・ヴィトン高知店

JR高知駅とはりまや橋のほぼ中間から西に高知城まで伸びる大手筋で日曜ごと
に開催される日曜市。それは高知県の海の幸・山の幸が販売される貴重な観光
スポットで、東の起点辺りにこの建築は位置しています。
ファッション関係の商業施設で有名な女性建築家、乾久美子さんの設計。外壁の
大部分がダブルスキンになっていて、外側が格子状に小さな孔があいた半透明
の被膜、内側は孔が無くセキュリティを確保しています。内部空間は透明とミスト
状を組み合わせた格子模様のガラス、西側中央の中庭と数ヶ所のVOIDで変化
をつけています。
ダブルスキン外側の孔はライムストーンを千鳥に目透かし配置したもの。ライム
ストーンはさんごや貝からできており、さんごは高知の特産品です。設計者は
高知らしさを考えてこの素材を選んだのではないでしょうか。

ファサードはルイ・ヴィトンのゴージャスというよりはエレガントなブランドをスマート
に表現して、夜間照明時は内側の壁の明暗により市松模様が浮かびあがります。
これはパリで世界初の旅行鞄専門店としてスタートしたヴィトンのダミエキャンパス
のデザインそのものです。ブランドにうといけど勉強しました。

「ルイ・ヴィトン高知店」建築data
竣工:2003年3月、主要用途:物品販売店舗
所在地:高知県高知市はりまや町3-1-1
設計:乾久美子建築設計事務所、建築家:乾 久美子
構造設計:空間工学研究所、施工:清水建設
構造:鉄骨造、規模:地上2階、敷地面積782.78㎡、
建築面積328.53㎡、延床面積493.51㎡
屋根:陸屋根、形態:箱型、中庭あり、南側オープンスペースに植樹
外壁:一部ダブルスキン、外側:ライムストーンをSUSロッド支持
ライムストーンはサンゴや貝などの遺骸が堆積してできた石灰石。
比較的明るいベージュ系の柔らかい石が多い。吸水性は高い。
photo01:四国のルイ・ヴィトンストアでデパートのテナントでないのは高知店だけ。
エレガントな夜景が永く続いて欲しい!
a0100318_1225211.jpg

photo02:歩道を歩きながら外壁の孔をのぞきこむ人多し。
a0100318_10223349.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-05-19 12:15 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(2)
Commented by Mach_yoshi at 2007-05-19 12:43
この建物、凄く好きです。押し付け過ぎず、物静かにたたずんでる感じが。。。
この店が出来た時は、日本では東京~名古屋に次いで3番目の路面直営店と聞きました。僕はココで買い物したことありませんが。。。
Commented by onlyonea at 2007-05-20 00:27
そうですか。乾久美子さんが読んだらにんまりでしょうね。
ちなみに乾さんは東京芸大卒業後、アメリカのイエール大学
大学院に留学されています。yoshiさんも海外なのですね。