地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

坂の上の雲ミュージアム 

先日、松山市にオープンしたばかりの「坂の上の雲ミュージアム」に行ってきま
した。設計は世界的建築家の安藤忠雄さん。行く前にプランを見ると三角形で
した。三角形の建築といえば日比谷図書館しか記憶になかったので、興味深
かったです。三角形の頂点を上手に使って設計していると感心しました。
4階まで、全てスロープで昇っていきます。海外の建築家レム・コールハースの
設計かと思われるほどスロープが多用されていました。当然スロープが長くなる
ため、そこにも展示していました。近代の3大建築家の一人フランク・ロイド・ライト
の設計したグッゲンハイム美術館がスロープを降りながら鑑賞する空間を用いて
いますが、あまり集中して鑑賞できないとの指摘もあるので、展示物を選んでいる
のだと思います。司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」は3人の人物を軸に物語が
展開されるそうで、3人だから三角形というのもありかなと思いました。
皆様はゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?
訪問者数5月5日で500になりました。555で今後ともよろしく。

「坂の上の雲ミュージアム」建築data
竣工:2006年11月、所在地:愛媛県松山市一番町3丁目20番地
設計:安藤忠雄建築研究所、建築家:安藤忠雄
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、規模:地下1階、地上4階
屋根:陸屋根、形態:2つの三角形をずらして配置した幾何学形。
photo01:VOID。空間が光と人に満たされる時、それは劇場と言えるだろう。
a0100318_038062.jpg

Photo02:城山の緑を生け捕りにしたラウンジ。スロープ右側にも展示。
a0100318_18511749.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-05-05 00:42 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(7)
Commented by yumily_sketch at 2007-05-07 03:30
これ、建築中にそばを通りかかって看板だけ見てて竣工したら見たいと思っていました。
この写真そそられました。
先日の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、MIMOCA の写真もいいですね。
近くて高い(高速よりも高い橋代。。。)(笑)四国ですが行ってみたいです!
高知駅はいつ頃が竣工なのでしょうか?
これも見たい!!
Commented by ji5isl at 2007-05-07 12:55
こんにちは。
おかげで建築物への興味がフツフツ。ミュージアム等も素人が
行ってバシャバシャ撮るわけにも行かないでしょうが・・・。
視点を広める意味で参考にさせていただきたいと思います。
工事中の高知駅の写真撮ってきました。部外者が撮るのに限界
もあるし参考にはならないでしょうが。工事は休みでした・・・。
Commented by onlyonea at 2007-05-07 19:39
こんにちは。コメントどうもです。
>yumilyさん
写真というよりは設計が良いのでしょうね。
自分の設計した建築でもそう言ってもらえるようにがんばります。
高知駅は来年の3月開業予定です。
>ji5islさん
一眼レフでなくデジカメなので、シャープには撮れません。
手軽さ優先ですね。撮影の時には、設計した建築家との対話を考えて
います。私の写真はオブジェとしての建築ではなく空間を撮影するような
感じですね。
Commented by ji5isl at 2007-05-07 21:02
建築家との対話、空間、参考にさせていただきたいと思います。
なお、私のもデジカメです、一眼レフですが(笑)。
Commented by onlyonea at 2007-05-07 21:20
写真のことはよくわかりませんが、現時点で究極の写真を撮ろうと
すれば、フィルムの一眼レフで撮る必要があるのかもしれませんね。
Commented by なおみかん at 2007-05-09 00:11 x
建築知識ゼロの私が口出せるようなことではありませんが
スロープにも展示してる&上りも下りもスロープを利用するので
ちょっとスロープが狭いなぁ、と思ってしまいました。
おそらくその辺も考慮して設計ってされてるんですよね。
OPENしたてで人が多かったのでよけいに狭く感じちゃったのかもしれません。
Commented by onlyonea at 2007-05-09 19:05
とてもよい指摘だと思いますので、本文でお話させて頂きます。
建築知識というのは専門知識のことですね。
優れた建築はむしろあらゆる雑学から生まれていて、
建築家はプロジェクト参加者のコンダクター
(オーケストラで言えば指揮者)の役割を果たすべきものだと思います。