地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

高知駅 新駅舎 大屋根のスケール

3月下旬に開始し5月中旬に架け終わる予定の大屋根の梁14本のうち
10本の据付が完了し、工事は順調に進んでいるようです。
杉集成材の梁や補強フレームの大きさが人の大きさと比較すれば、
わかります。
梁の取付完了後、チタン亜鉛合金の屋根を葺く予定。
新駅舎の大屋根部分は8月末の完成を目指します。
大屋根の大きさは東西60.9m、南北38.5m、高さ23.5m。
なお、新駅舎は来年の3月開業予定です。
a0100318_7303593.jpg

[PR]
by onlyonea | 2007-05-02 07:33 | 高知駅 設計 エピソード | Comments(2)
Commented by Mach_yoshi at 2007-05-11 15:48
初めてコメントするYoshiといいます。
高知駅って今はこんな風に変わっていっているんですね。
前の駅舎が無くなるのは少し残念ですが、高知の玄関がこういう大きな駅舎に生まれ変わるとなると、今度高知へ帰るのが楽しみになります。
高さ23.5mがどれほどの高さの建築になるのか微妙な所ですが、あの辺りは電車通りを渡らないと高い建物が無いので、駅だけポツンと建てられる感じになるんでしょうか?
これまでは、周りに電車やバスが来るまで時間のつぶせる所が無かったので、新しい駅舎内にはそういう施設(お店)を期待しています。
Commented by onlyonea at 2007-05-11 22:27
はじめましてYoshiさん。高知へ帰るということは高知ご出身なので
しょうか。新駅舎周辺がどうなるかいまのところはっきりわかりません。
丸亀駅のように図書館がすぐ駅前にあると良いかもしれませんね。
お店は今よりは整備されるのではないでしょうか。
わかったらまたアップしますね。