地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

低温やけど

よいことしか言わない勧めは信用できない場合が多い
湯たんぽは低温やけどを理解して使用する必要があります
低温やけどは心地よく感じる温度のものでも皮膚の同じ部分が長時間接触
していると発生するやけど
皮膚に赤い斑点や水ぶくれができる
やけどが深部にまで達する恐れがあるので厄介です
かいろその他の暖房器具や床暖房などでも同じことが起こりうる
住まい方について考えることすべてが建築設計に関わってくると改めて実感
「住宅は住むための機械である」
そして真の建築は予防医学の一翼をになうといえるかもしれない

安全協会によると44℃で3~4時間、46℃で0.5~1時間、50℃では2~3分
で低温やけどが発生するといわれている
個人差もあるので参考にするとよいでしょう
タンパク質の変性が起こる温度が高温では42℃から低温では0℃からとされているので
理論的には40℃以下の温度でやけどは発生しないと考えてよいだろう
お風呂の温度もあまり高すぎると体に悪いわけですね

湯たんぽの低温やけどを防ぐためには
①厚手のカバーで表面温度を下げることによりやけど発生の時間を延ばす
②一定時間ごとに湯たんぽの位置を変える
いずれにしても長時間同じ部位で触れない!
ちなみにキャップのゴムパッキンはひび割れなどが発生すると交換時期です
a0100318_1125884.jpg

大寒を過ぎて日本は全国的に寒さが厳しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか
高知市でも先日は夕方雪が舞い落葉したもみじの枝先が紅く色づきました
紅いものを紅く撮影するのって意外と難しい・・・
[PR]
by ONLYONEA | 2012-01-28 11:10 | Comments(0)