地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

日高養護学校第2校舎耐震補強工事

a0100318_1038010.jpg

大震災以後改めて注視され全国的に推進されている校舎の耐震補強
私の事務所も設計を担当させて頂くことになり竣工しました
ブレースはトイレ部分を選択し設置、外部のため耐候性に配慮しています

ブレースをデザインモチーフにした近代以後の建築スタイルをご存じでしょうか
ハイテック建築と呼ばれ代表的なものとしてはレンゾ・ピアノ、リチャード・ロジャース
両氏設計のパリのポンピドー・センター、ノーマン・フォスター氏設計の香港上海銀行
などが挙げられます
構造体を露出したデザインは現代的なゴシック建築を思わせるものでした
ちなみにピアノ氏は関西国際空港旅客ターミナルビルを設計し、フォスター氏は
ITのアップルがUFOのような新社屋の設計を依頼した建築家でもあります
ブレースもデザインされたものであれば美しく見せることができるのではないか
a0100318_10391211.jpg

今回は生徒がブレースに近づかないバリアーが欲しいという要望があったため
緑の輪でブレースを包むというコンセプトが生まれました
わのかだん-南北の円形花壇の大きな丸が矩形の校舎に貫入するように配置されています
スケッチしたものをVAIOで簡単なCG模型を制作し確認するとかなりいい感じでした
前例があるわけでなく斬新なアイデアなので断られる不安もありましたが
担当の方のご理解に助けられ快諾されました
a0100318_10403666.jpg

施工は株式会社大一林組、監督職員の方にも恵まれほぼ図面通りの
厳格な幾何学形の円弧がトレースされているようでした
おかげ様で南北の円弧の連続性がなんとなく感じられます
円弧のつながりがずれていると人は気づいてしまう
見積もりをご協力頂いた業者などすべての工事関係者に感謝しております

既存の池がある中庭は以前より心地良い空間になっているようです
打放しの壁が再び緑で覆われ円形花壇が整備された時が完成なので
いつかまた訪れてみたいものです

竣工:2011年9月、所在地:高知県日高村、設計:O2建築設計事務所
[PR]
by onlyonea | 2011-10-21 10:56 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)