地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

津波避難ビル

東日本大震災でも岩手県釜石市の沿岸部の津波避難ビルが多くの住民を守った
4階以上には被害が無かったそうです
大地震と大津波にすべてが通じなかったわけでは無いと少し心強かった
高知市でも新たに津波避難ビルが指定されたそうです
大地震が起きた時にどこにいるかわからないので1つに想定するのは危険
その時その場所で柔軟に対応するしかないだろう

災害に強い街づくりを考えるとモダニズム再定義のきっかけともなった
1983年ベルナール・チュミ氏の「ラ・ヴィレット公園」コンペ当選案が思い浮かぶ
都市の平野部でいえば木造の低層住宅の中にある程度均等にRC造の学校や病院、
集合住宅などの日常生活に必要な中高層の津波避難ビルがあることが理想だと思います

例えば新宿駅の1日平均昇降客数はギネス認定の世界一でありそれが東京に活力を
もたらしているともいえる
しかしインターネットや交通網の普及した今だからこそ集中から分散に転じることも
必要ではないだろうか
[PR]
by onlyonea | 2011-05-01 10:34 | Comments(0)