地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

高知県教育センター バリアフリー化工事

a0100318_2225116.jpg

昨年末から設計に携わっていた多くの人が利用する施設のバリアフリー化
エントランスの段差に車いす利用者などが出入りしやすいよう屋外屋内それぞれ
大小のスロープを挿入し風除室にはハンガー式引戸を設置する計画
引戸は既存建具枠をいかして車いす利用者が安心して開閉できるものをめざしました
スロープはコンクリート打放しの壁とループ状の「わの手摺」歩道用スロープタイル
の床で構成されそれ自体がエントランスのサインやオブジェとなるものを模索しました
わの手摺はあえて端部を短くすることにより使いやすさとデザインの折り合いが
うまくいったのではないかと思います
普遍的な材料を用いながらもやわらかさやあたたかみを感じさせる「音楽のような建築」
になっていればよいのですが
打放しの壁にお年寄りが腰かけるのを見てうれしくなりました

この計画についてはオーツーのホームページにも掲載する予定です
設計を任せてくださったクライアントをはじめ設計意図を理解し尽力していただいた
関係者の皆様に深く感謝しております
ある意味ではきちんと設計するほど増改築の方が新築より難しい
敷地条件に更に既存建築が追加されるからです
今後は機会があれば高知県産の木材を使用した設計にも挑戦したいので
どうかよろしくお願いいたします

所在地 高知市
設計   O2建築設計事務所
[PR]
by onlyonea | 2010-05-17 22:50 | 建築設計 資料 (高知) | Comments(0)