地産地消・自然素材、防災・シックハウス対策、後ずさりしながら進化する建築。それらを建築設計を通じて東京・高知で学んだ一級建築士のひとり言。


by ONLYONEA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

ようこそ

お気軽にコメントしてください。

Copyright (C) 2007
O2 architect studio
オンリーワン建築設計室
All Rights Reserved.

カテゴリ

全体
唯一無二の設計論
建築設計 資料 (高知)
建築設計 資料 (高知県外)
高知駅 設計 エピソード
一級建築士について
◇当ブログについて/LINK
profile
未分類

タグ

(64)
(42)
(25)
(21)
(20)
(19)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
more...

外部リンク

ライフログ


Google SketchUpパーフェクト 実践編 (エクスナレッジムック)

建築設計支援ツール

サントリーミュージアム 天保山

a0100318_1135170.jpg

♪「悲しい色やね」を絶賛していた友人が撮影したフォトには大阪港が映り込んでいた
もう少しひきのイメージだったのですがカメラレンズに限界があったのかもしれない
それでも屋外展示の空と海が映っている
安藤忠雄さん設計の建築ではおそらくスケールは最大の部類ではないだろうか
ガラスのカーテンウォールが多用され大きな海に対してオーソドックスな動的形態
高知県立坂本龍馬記念館と同様に海に対してピュアな空間構成の一つといえるだろう

逆円錐形の中にはアイマックスシアターが内包されていてたしか友人と
トムクルーズ主演の映画を見て帰ったのではないかと

個人的には映画は3Dでなくても満足です
現時点で3Dは強調表現であり不自然に感じられてしまうのですね

建築DATA
竣工1994年
所在地 大阪市港区海岸通1-5-10
[PR]
by onlyonea | 2010-04-02 01:14 | 建築設計 資料 (高知県外) | Comments(0)